主婦ときどきオタク日記

ゲーム、アニメや漫画の感想、子どもや日常のことなど。

【2019夏アニメ】トライナイツ 第5話&第6話 感想

こんにちは、あさぴょんです。

今回はアニメ、トライナイツ第5話&第6話の感想です(p゚∀゚q)

 

第3話&第4話の感想はこちら。

www.asapyondiary.com

 

 

まずは、第5話「反抗と誓い」。

 

トライナイツアニメ画像

 

作画は、少しはマシになってきたような気がします。

見慣れてきただけ、という可能性もあるけど(;゚∀゚)

 

ただやっぱり、走ってるシーンは特にいまいちかな~。

スピード感ゼロ。。。

例えば、しょっぱなの狩矢と片城の攻防で、

片城「13番(狩矢)のスピードを生かした奇襲、いい作戦でした・・・私がいなければ、ですが!」

とか大口叩いてるんですが、狩矢の走りが、ジョギングくらいにしか見えない( ´△`)

そのスピードの狩矢に、棒立ちのまま抜かれる片城も、大したことない風に見える・・・・。

片城「はっ速い!」

(笑)

 

蒼嵐高校のメンバーは、実はかなり優秀なんじゃ!?

力で押し込んだり、インターセプト決めたり、1対1のタックルでひっくり返したり。

遙馬のパス出しも的確っぽいし、王者・赤麗には敵わなくても、かなり強いのでは。

 

片城くん、今回も笑わせてくれました!

試合中、またしても狩矢に抜かれて、両膝をついて茫然自失・・・おーい、守備に戻らなくていいのかー( ゚д゚ )??

そして戻ってきた部長には、跪き、タオルを両手で捧げ持って渡す、という心酔ぶり。

ところで「我が君」の発音だけど、この片城くん、「ワがキみ」とワとキが上がる発音してるんですが、これって合ってるのかな?

片城くんは標準語のイントネーションでしゃべっているキャラなのですが、いちお~標準語圏に住んでる私からすると、我が君は「ワがきみ」とワだけが上がる発音だと思うのだけど。。。

 

後半、ようやく主人公の過去が明らかに!

やっぱり赤麗の部長はお兄さんでしたか。

そしてお父さん、元ラグビー日本代表だったんだね・・・。

「お前の道はここにはない。選手は無理だ」

お兄さんも、主人公のことを考えて言ったんだろうと思うけど・・・不器用な人なのかな。。。

 

 

 続いて、第6話「清爽と葛藤」。

 

トライナイツアニメ画像


 冒頭、無人の校内の映像、長すぎ!!

もしかして、誰もいないことで「夏休み」を表現したかったのだろうか(-_-)

作画とは別に、なんかこう、たまに間がおかしい時があるんだよね~。

 

前半は合宿!

場所は菅平ですか( ̄∀ ̄)??

問題点をあぶり出す紅白戦・・・なんか、スラムダンクの紅白戦思い出したわ~。

あれは安西先生のグッドアイディアだったけど、今回は主人公のアドバイスで、みんなメキメキ上達したようですね!

ほんと、なんで監督不在という設定なんだろうか( ゚ω゚;)

 

部員も、メインの7人以外にもモブが登場!

・・・と思ってたら、レギュラーの発表では、やっぱりメインしか名前が呼ばれないのね。。。

ていうか、なんで高校からラグビー始めたばかりの宝立くんがレギュラー入りしてんの(゚◇゚;)!?

部員、15人ギリギリしかいないわけではなさそうなのに・・・。

 

 

灘さん、部長が懸命に説得も、部に戻ってきませんでしたね。

主人公に重なって見えたということは、まだラグビーへの熱は失っていないということなのかな?

わずかな望みをかけて、大会への申込書の「サブメンバー」の欄に灘さんの名前を書く部長。

つーか、サブメンバー欄には灘さんの名前しかないんだけど・・・(ll゚д゚)

サブメンバーって、つまり控えの選手だよね?

そこに名前が書いてある人じゃないと、レギュラーが怪我したりした時に交代できないってことでしょ?

なぜレギュラーから漏れた部員の名前も書かないんだ、部長∑(OωO )!

大丈夫なの!!??